生活にお金は欠かせないが、お金の面だけに縛られて生きていると人間が小さくなる

貯蓄又は貯金をはじめて、ある程度のお金になった時には、持続ではなく買物を考えてしまいます。
その時にはお金は使うためにあるのだと、自分に言い聞かせて使ってしまっている。

お金はさみしがり屋で、多く有るとこに集まって行くものだと思っています。

本業のほかに、収入を得るためにネット等の情報などを検索している。
また金融商品、株などの情報を模索している。
本業のほかのアルバイトは、中々ないが、収入増には確実な方法と思う。倹約ができ、それが目に見えた時。特に電気水道等の請求が下がった時。
偶然買った宝くじで少額のとうせんした。
貯まっていたポイントが、思っていた金額より高い商品と交換できたこと。

お金に関する失敗談

安売りのセールに行って、必要でないものまで買ってしまった。
結局使わずに廃棄処分にしたことが数回はあります。
大きな物も有り廃棄するには多額のお金がかかってしまった。
月々の給料からいくら貯金ということが難しかった時代に、ボーナスだけは貯金しようと試みたが、結局自分へのご褒美だとか理由をつけてバッグやコートを買ってしまったことです。

ある程度のお金は必要だが、沢山ありすぎては人生が変わってしまうので注意が必要

最近ランサーズに登録して仕事を始めたことです。
タスクから始めて将来的にはライティング中心に収入を増やしていきたいと考えております。
現在育児中につき無職なので、収入を増やすためというよりは、お金を減らさないための工夫や努力をしているところです。お正月に祖母の家に行った際、息子にはもちろん、私にもお年玉をくれたことです。
あまり贅沢したいとは思いませんが、大好きなケーキを買って食べました。
それだけでも充分幸せな気分を味わえました。

お金に関する失敗談

株式投資で、投資した企業が倒産したことです。
全く知らない企業なのに、1株単価が55円と激安だったので1000株購入しました。
チャートを見て上がりそうな予感がしていたのに、あれよあれよと下がってしまい、最終的には売りもせずに倒産するのを見過ごしてしまいました。自分の収入の5分の1をいつも貯蓄に回そうとしているのに給料日になると飲み会の設定をしてしまったり、急に決まった遊びに対して快く返事をしてしまい、さんざん遊んだ後に給料日前になるといつも手持ちが心もとなくなってしまう。

生活にお金は欠かせないが、お金の面だけに縛られて生きていると人間が小さくなる

現在夜勤の仕事をするようになったので夜勤の見回り時間以外をパソコンやスマホを使ってできる仕事に充てたり、知り合いの店の帳簿付けを手伝ったりして小銭稼ぎをしている。先日友達の誕生日だったので他の友達と割り勘してプレゼントを買ったところ、とても喜んでもらえて割り勘で出したプレゼント以上の飲食代をプレゼントした友達からおごってもらえたこと。

お金に関する失敗談

結婚しようと決意した時から挙式や指輪などに想像以上にお金がかかることを知って、親にご祝儀以外にもお金の工面をしてもらったこと。昔から楽器が好きでローンを組んで買っては見たものの2年ほどで触らなくなってしまったこと。

コメントは受け付けていません。