私がお金に対して思うことは、便利だけど、人の心を奪うから、要注意なもの。

お金に対する執着や不安が高まり過ぎた時、私は論語を読んだり、消費を抑えて、稼ぐことだけに集中し、農家だった昔のことを思い出して、お金をトコトン使わない生活を目指します。

私がお金に対して思うことは、便利だけど、人の心を奪うから、要注意なもの。

今まで身近な人と自分で、お金のかけ方が違うと思ったのは、まだ農家で田植えをやっていた頃を知っている自分と6歳下の妻や5歳下の弟の農家が殆ど居なくなった消費大好き世代が、なんでも躊躇なく楽しいことにお金を使う姿勢を見て、世代や生き抜いてきた環境の違いを感じ、当初は驚いていましたが、もう慣れました。私がお金の悩みについてオープンに相談できる相手は両親と家族です。また、その内容は、生活費のこと、子供達の教育費のこと、車や通信機器の維持費のことなど、いきなり追い込まれない様に、普段から何でも包み隠さず、オープンに相談しています。

お金に関する失敗談

お金に関する失敗談や足りなくて悔しかったことと言えば、学生時代、本当は欲しかった当時流行りのレーサーレプリカタイプバイクのホンダCBRを、お金がなかったので仕方なく、ノンカウルの丸型メガネが印象的だった中古のVTZで我慢したこと。でも乗りやすくて燃費も良く気に入りました。どうしようもない時は、なんとかなるだろうと気分を落ち着かせます。具体的には絶対に法に触れるようなことはしないようにしようと、自分に言い聞かせます。それから金策を考えます。

お金の価値がなんなのか分かってない人間だとおもいます。今も。

中学の時の友人が、競馬(ダービー)何年だったか忘れましたが私の家に来ました。そのときに1点買いで1万円(私も1万以上買うこともあるのですが1点で1万はまずありません。)の馬券を見せてくれました。昔の会社の同僚くらいですね、他にも昔からの友人もいます。ある程度の相談や貸し借りはできますがあまり核心まで相談することはありません。今月苦しいから給料日までちょっと貸してくらいです。

お金に関する失敗談

学生時代に新宿の場外馬券場で1レース目で、スッカラカンになってしまい帰りの電車賃もなくなって友人に電話して助けてもらいました。本当に青くなりましたね、食費もなくなって。将来お金がなくなって生活できなくなったらどうしようと不安になった場合。もしお金がなくなって仕事もなく食べ物にも困るという状況になったとしても日本には「生活保護」という素晴らしい制度があります。だからどんなに貧乏になったとしても野垂れ死には回避できるのではないかと考えます。

株をやってるとお金儲けってゲームと似ていると思うようになってきた

毎月のように海外旅行に行っている知人。生活が自分とは全く違う人種という感じでかなり驚きました。多分大金持ちなんだろうけど専業主婦なのによくそれだけお金があるなと思います。やはり主人ですね。他人に相談なんて全く考えられないですし。家計簿を一緒に見て入って来るお金と出て行くお金の予想をしてどこの出費を減らそうかとか考えます。家計簿は結構重要かもです。

お金に関する失敗談

株を始めた頃、IT株が伸びていたのでいろんなIT株を買いまくりました。しかしそういう株はあっという間に下落して会社自体もなくなってしまった所もあります。やはり何か実物の「モノ」を売ってる企業に投資した方がいいと思いました。

コメントは受け付けていません。