お金さえあれば元気になれるのに、まず稼ぐ元気がない

空腹を満たす。 お腹がすいているとなんとなくさもしい気分になるので、とりあえず何か食べます。 そうすると、いつか稼げるようになるかなとか、そもそもそんなに必要ないかなとか思えてきます。

お金さえあれば元気になれるのに、まず稼ぐ元気がない

服に使うお金の差に驚いた。 何千円代のものしか普段買わないので、セーターに何万円とか、Tシャツに5千円とか必ずかけるという人の話を聞いてびっくり。 安い服は服じゃないみたい。母か姉。 ほとんど貯金がないことを知ってくれているし、体調不良で仕事が続かないことなども理解してくれているので、その上で悩みも話せます。 申し訳ないけれど借りることもあります。

お金に関する失敗談

大学生のとき、住んでいたアパートの解約手続きの期限が過ぎてしまい、10万円くらいの更新費用がかかってしまった。 アルバイトで貯めたお金を使って払って、とても悔しかった。お金に関する不安の場合、多くは将来についての事だと思います。 終末思想的な考え方だと思われるかもしれませんが、まだ何が起こるか分からない未来の事を考えても仕方が無いので今を楽しく、今やりたいことやってみたいことを考えるようにしています。

お金はないと生活はできませんが、元々持ってない人が持ちすぎていても不幸になるお金

好きなこと、趣味のためとはいえ実生活を極端に切り詰めて生活している方が身近にいます。 その方曰く、趣味のためなら何を犠牲にしてもかまわないそうで。 確かに目を見張るものがありはするのですが、真似はできません。お金については誰にも相談できません。 自分で考えて何とかしています。 相談しない、出来ない理由については困ってるところを他人に素直に見せられない、見せたくないという個人的な理由ではあるのですが。

お金に関する失敗談

基本的に浪費癖があるので、あとあと考えてみたら不要なものを買ったりする事が多いです。 その時は欲しくて欲しくて堪らないのですが、いざ手に入れるとそうでもなかったり。 常に後悔している感じです。わずかでも収入を得る事で安心するので小銭貯金(大きい金額だと挫折してしまって反動で落ち込むので)をしたり、フリマサイトで私物を売ったりします。 ポイントは楽しむ事。お金に対してナーバスになりすぎると逆効果でメンタルが悪化するので、貯金箱を持ってこんなに重い!と感じて楽しんだりします。子供の頃、白菜のみの鍋を1ヶ月という生活をしましたが白菜だけでもおいしいんだねと笑いあっていたので苦痛ではありませんでした。

お金は人を幸せにも不幸せにもする魔物だから怖いと思う

年末年始を自宅で過ごすつもりが子供がみんな海外行ってて遊ぶ相手がいないと不満を言ったからとう理由で、急遽国内の高級温泉旅行にいった方はお金のかけ方が違うなと思いました。彼氏です。親や兄弟には逆に相談出来ません。 収入や税金、おこずかい、生活の収支、ローンの金額など全て相談出来ます。 籍は入れていませんが長く付き合っており、ほぼ内縁関係なので。

お金に関する失敗談

親からまとまったお金を貰ったのですがまだ20歳ほどで使い方も分からず、堅実さもなかったので遊ぶお金が足りない時に2万ずつなどを下ろして使っていたらなくなってしまいました。 自分で貯めるのは大変ですし、定期預金などに入れてしまうか使うなら大きな買い物をすればよかったと思います。 何に使ったというのがない事が一番落ち込みます。

コメントは受け付けていません。