生活にお金は欠かせないが、お金の面だけに縛られて生きていると人間が小さくなる

貯蓄又は貯金をはじめて、ある程度のお金になった時には、持続ではなく買物を考えてしまいます。 その時にはお金は使うためにあるのだと、自分に言い聞かせて使ってしまっている。 お金はさみしがり屋で、多く有るとこに集まって行くものだと思っています。 本業のほかに、収入を得るためにネット等 ‥‥